Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の弁護士 保守紙に弾劾反対広告=不適切との指摘も

記事一覧 2017.03.02 11:06

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の罷免の可否を判断する憲法裁判所の弾劾審理で大統領の代理人を務める金平祐(キム・ピョンウ)弁護士が、2日付の大手保守紙や経済紙に弾劾反対を訴える広告を出した。

先月25日に開かれた弾劾棄却を求める集会で発言する金平祐氏=(聯合ニュース)

 広告で金氏は、憲法裁が朴大統領側の弁論を遮り強引に結審したと批判したほか、朴大統領の疑惑などを調べていた特別検察官が「罪のない愛国企業家の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長を逮捕して虚偽の自白を強要している」とも非難した。

 法曹界では、代理人団に選任された弁護士によるこうした「場外戦」は不適切と指摘する声もある。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。