Go to Contents Go to Navigation

THAAD在韓米軍配備 敷地供与の協議手続き開始

記事一覧 2017.03.02 16:07

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は2日の定例会見で、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備と関連し、在韓米軍地位協定(SOFA)に基づく敷地供与の協議手続きを開始したと伝えた。

THAADが配備されるゴルフ場=(聯合ニュース)

 THAADは敷地供与、基地の基本設計、環境影響評価、建設などの手続きを経て南部・慶尚北道星州郡のゴルフ場に配備される予定だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。