Go to Contents Go to Navigation

ロッテ免税店サイトにDDoS攻撃 捜査着手=韓国警察

記事一覧 2017.03.02 18:32

【ソウル聯合ニュース】ロッテ免税店の韓国語、中国語などのホームページが2日昼から約3時間にわたり接続できない状態が続いた問題について、韓国警察庁サイバー安全局の関係者は同日、大量のデータを送り付けてサイトをパンクさせる「DDoS(ディードス)攻撃」によるものと確認されたと明らかにした。すでに捜査に着手したという。

中国人観光客で混雑するロッテ免税店=2日、ソウル(聯合ニュース)

 ロッテ免税店によると正午ごろから3時間以上、同免税店の韓国語、中国語、日本語、英語ホームページとモバイルサイトのサービスが全てダウンした。

 一部からはロッテが米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備用地を韓国国防部に提供したことに反発する中国側の報復ではないかとの指摘も出ている。

 警察関係者は「攻撃元がどこであるか捜査で確認しなければならない」と話した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。