Go to Contents Go to Navigation

正男氏毒殺のVXなど化学ガス検知装置 全国に配置=韓国

記事一覧 2017.03.03 14:43

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件を受け、韓国政府は化学兵器を使ったテロの脅威が高まっているとして、化学ガスを検知できる先端装置を全国に配置した。国務総理室の対テロセンターが3日、政府ソウル庁舎でテロ対策実務委員会を開き、化学テロ対策を発表した。

韓国政府はVXなど化学ガスの検知装置を全国に配置した=(聯合ニュースTV)

 会議では関係機関が中心となり、危険物質などへの対応能力を強化することにした。また、正男氏毒殺に使用したとされる猛毒の神経剤VXなど、26種の化学剤を検知できる先端装置を全国7カ所の地方環境庁や6カ所の化学災害合同防災センターに配置した。

 一方、テロ犯の入国を防ぐため、法務部が推進している「航空機搭乗者事前確認制度」について関係機関が協力することにした。同制度は韓国に入国する搭乗者の情報を事前に入手して分析、危険人物の入国を防ぐもので、韓国政府は国内に就航する全ての航空便を対象に来月から施行する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。