Go to Contents Go to Navigation

コインレス社会へ 4月からテスト事業開始=韓国

記事一覧 2017.03.04 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は4日、買い物をした際のつり銭をプリペイドカードにチャージする「硬貨のない(コインレス)社会」の4月から始まるテスト事業に参加する事業者を決定したと明らかにした。

コインレス社会により、つり銭用の硬貨が消えると期待される=(聯合ニュース)

 選ばれたテスト事業者はコンビニエンスストアのCU、セブンイレブン、With meと大手スーパーのイーマート、ロッテマート(百貨店、スーパーを含む)の5つの流通業者、韓国スマートカード(Tマネー)、イービーカード(キャッシュビー)、新韓カード、ハナカードなど7つのプリペイドカード事業者だ。

 韓国銀行は準備事業を経て4月から業者ごとにテスト事業を開始する方針だ。

 これにより、テスト事業を行う店舗で買い物をした消費者はつり銭をプリペイドカードにチャージできるようになり、硬貨を持ち歩く必要がなくなる。

 このサービスが導入されれば消費者は硬貨を持ち歩く不便を解消でき、韓国銀行は硬貨の製造費用を節減できると期待される。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。