Go to Contents Go to Navigation

韓国輸出の25%が中国向け THAAD「報復」で打撃必至

記事一覧 2017.03.03 16:30

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対する中国が韓国への「経済報復」を本格化させつつある中、韓国経済の対中依存度にあらためて関心が集まっている。

THAAD配備に反対する中国が、韓国に対する報復の動きを本格化させている(イメージ)=(聯合ニュースTV)

 韓国は輸出の4分の1が中国向けと対中依存度が高く、中国の報復がエスカレートすれば打撃は避けられない。一方で、韓国は中国にとって4番目の輸出相手国でもあるため、韓国が対抗措置を取れば中国にとっても痛手となる。韓中の経済が密接な関係にあるため、経済報復は最終的に双方に悪影響を及ぼしかねない。

 韓国にとって、中国は最大の貿易相手国だ。昨年基準で韓国の対中輸出は輸出全体の25.1%を占めた。輸入に占める割合も21.4%と最も高い。昨年の対中輸出額は1244億ドル(約14兆2000億円)、輸入額は870億ドルで、黒字額は374億ドルと韓国の貿易相手国のうちで最大だった。

 韓国の対中輸出依存度は、20カ国・地域(G20)のうちでも飛び抜けて高い。2015年基準の対中輸出割合は、韓国が26.0%でオーストラリア(32.5%)に次いで2番目に高かった。日本は17.5%、G20平均では6.8%にとどまる。

 韓国の主要13輸出品目のうち、フラットパネルディスプレーの対中輸出割合は73.8%に上る。石油化学(46.3%)や半導体(38.9%)、コンピューター(36.0%)、自動車部品(22.2%)、無線通信機器(21.2%)も、輸出全体に中国向けの占める割合が高かった。THAAD配備に対する報復が本格化すれば、これらの輸出への大打撃は必至だ。

 一方、韓国が中国の貿易に占める比重も小さくない。中国にとって韓国は最大の輸入相手国であると同時に、輸出相手国の順位でも米国(輸出全体の18.2%)、香港(同13.7%)、日本(同6.1%)に次いで4位(同4.5%)だ。

 中国は韓国への投資額も年々増やしている。11年には6億5000万ドル(申告ベース)だったが、昨年は20億5000万ドルを記録した。これに対し、韓国の対中投資額は12年には70億ドルまで増えたが、その後は40億ドル前後で推移している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。