Go to Contents Go to Navigation

韓国食品の輸入拒否相次ぐ 中国のTHAAD報復

記事一覧 2017.03.05 11:43

【北京聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対抗し韓国への「報復」を本格化させつつある中国で、韓国産食品に対する輸入拒否が相次いでいる。

 中国メディアなどは5日、遼寧省の大窯湾出入境検験検疫局が4日、生産日と衛生証明書の日付が合わないとして韓国食品の輸入を不許可としたと報じた。

THAAD配備に反対する中国が、韓国に対する報復の動きを本格化させている(イメージ)=(聯合ニュースTV)

 調理済み水産食品も添加物が中国の基準に合わないとして廃棄処分になった。

 また、中国国家旅遊局が旅行会社に対し韓国旅行の取り扱い中止を通達したことを受け、旅行会社側が早くも通達に従う動きをみせている。

 北京のある旅行会社は3日に声明を出し、韓国ツアーを全て中止すると発表した。「中韓関係が緩和したら韓国旅行を再開する」としている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。