Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の飛翔体 ICBMもしくは新型ミサイルか

記事一覧 2017.03.06 09:38

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が午前7時36分ごろ、北西部の平安北道・東倉里付近から東海に向け飛翔体を発射したと明らかにした。軍の関係者によると、飛翔体の種類や飛行距離などを分析中だが、結果が出るまでにはまだ時間がかかりそうだ。

東倉里には「西海衛星発射場」がある(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府は黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、この問題を話し合う。

 韓国軍はミサイルとみられる飛翔体が発射された直後に、これを東海上のイージス艦のレーダーや弾道弾早期警報レーダー「グリーンパイン」でとらえたとされる。

 その発射場所から、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「KN08」や「KN14」との見方が出ている。北朝鮮は昨年2月に東倉里の発射場から長距離弾道ミサイルを発射している。また、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は今年の「新年の辞」で、ICBMの発射準備作業は大詰めの段階だと述べていた。

 北朝鮮が南ではなく東へ発射したことから、新型の中距離弾道ミサイル(IRBM)だという見方もある。

 あるいは、発射したことがなかった新型ミサイルの可能性も指摘される。朝鮮労働党機関紙の労働新聞が今月3日、1日に始まった韓米両軍の野外機動訓練「フォールイーグル」に強く反発しながら、「(IRBMの)北極星2だけでなく、新型の戦略兵器が力強く飛んでいくだろう」と言及したためだ。

 韓米は今年のフォールイーグルに原子力空母カール・ビンソンをはじめとする米国の戦略兵器を多数投じ、北朝鮮に対する軍事的な圧力を強める予定だ。これに対し北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は2日の報道官談話を通じ、「超強硬な対応措置」を取ると威嚇した。今回のミサイル発射はその一環と受け止められる。

 北朝鮮は毎年3~4月、定例の韓米合同軍事演習に反発し、ミサイル発射を繰り返してきた。昨年のフォールイーグル実施期間にも中距離弾道ミサイルのムスダン3発を含む7発の弾道ミサイルを発射した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。