Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子会長夫人 美術館長を辞任

記事一覧 2017.03.06 11:10

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長夫人で、同社副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告の母、洪羅喜(ホン・ラヒ)サムスン美術館館長が6日、一身上の理由でサムスン美術館リウムと湖巌美術館の館長を辞任したことが明らかになった。

洪羅喜氏=(聯合ニュース)

 両美術館を運営するサムスン文化財団は「洪羅喜館長の辞任の背景について具体的な話は聞いていない」と伝えた。後任も未定だとされる。

 ソウル大で美術を専攻した洪氏は、義父でサムスン創業者の故李秉チョル(イ・ビョンチョル)会長が設立した湖巌美術館の館長に1995年に就任した。

 2004年のサムスン美術館リウムの開館以来、二つの美術館の館長職を務めた洪氏は、財力と人脈、美術品の鑑定眼が評価され、長年にわたり韓国の美術界で影響力を持つ人物とされてきた。

 洪氏は2008年にサムスンが不正資金疑惑で捜査を受けた際に両美術館の館長とサムスン文化財団の理事を辞任したが、2011年に復帰した。

 リウムでは洪氏の実妹、洪羅玲(ホン・ラヨン)氏が総括副館長を務めている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。