Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮ミサイル 3発は日本のEEZ落下=最高高度260キロ

記事一覧 2017.03.06 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は6日の国防部定例会見で、北朝鮮が同日午前に発射した4発のミサイルの飛行距離は約1000キロ、最高高度は約260キロとし、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性は低いと発表した。また、北朝鮮が発射した4発中3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと明らかにした。

ソウル駅に設置されているテレビで北朝鮮のミサイル発射を伝えるニュースが流れている=6日、ソウル(聯合ニュース)

 ノ室長は「午前7時36分ごろ、平安北道・東倉里で東海上に向け弾道ミサイル4発を発射する挑発を強行した」として、「追加情報については、韓米軍当局が詳しく分析している」と述べた。

 その上で、「東倉里から75~93度の東海方向に発射した」として、「4発は平均で約1000キロを飛行した」と説明した。

 ミサイルがICBMの可能性があるかどうかについては、「可能性は低いとみられるが、さらに詳しい分析が必要だ」と述べた。

 ミサイルを同時発射した可能性に関しては、「(発射時間に)少しの差があると分析している」と説明した。

 ミサイル発射は今月1日に始まった韓米合同の野外機動訓練「フォールイーグル」への反発とみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。