Go to Contents Go to Navigation

韓日外相が電話会談 北朝鮮ミサイル発射への対応議論

記事一覧 2017.03.06 12:02

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が6日、弾道ミサイル4発を発射したことを受け、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と岸田文雄外相が電話会談を行った。

尹長官(左)と岸田外相(資料写真)=(聯合ニュース)

 電話会談は岸田外相の要請を受けて行われたもので、北朝鮮のミサイル発射への対応を議論したとみられる。

 韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が同日午前、北西部の平安北道・東倉里付近から弾道ミサイル4発を発射し、うち3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと発表した。北朝鮮がミサイルを発射したのは2月12日の新型中距離弾道ミサイル「北極星2」以来となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。