Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 化学兵器禁止機関理事会でVX使用糾弾へ

記事一覧 2017.03.06 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は6日、同部の崔鍾文(チェ・ジョンムン)多者外交調停官が7~10日にオランダ・ハーグで開かれる化学兵器禁止機関(OPCW)の執行理事会に韓国政府代表として出席すると発表した。

金正男氏殺害事件では国際条約で禁止されているVXが使われた(CG)=(聯合ニュースTV)

 崔氏は化学兵器禁止条約で使用が禁じられた化学兵器が民間空港で人命殺傷に使われたことを糾弾し、北朝鮮など条約未加盟国の加盟を促す予定という。

 このため執行理事会では北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアの空港で殺害された事件で、化学兵器禁止条約で使用を禁じる猛毒の神経剤VXが使われたことについて、北朝鮮政権の責任が追及される見通しだ。

 崔氏は執行理事会に合わせOPCW事務局長をはじめ、米国、日本、オーストラリア、英国などの理事国の代表と会談し、北朝鮮の化学兵器の脅威に対する国際社会の対応策について協議する。

 OPCWは、あらゆる化学兵器の開発や生産、保有などを禁じた化学兵器禁止条約に基づいて各国の検証などを行う組織で、ハーグに設置されている。執行理事会は韓国など41カ国で構成される。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。