Go to Contents Go to Navigation

韓国検察が特別捜査本部を再設置 朴大統領めぐる疑惑を捜査

記事一覧 2017.03.06 20:06

【ソウル聯合ニュース】韓国政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑などを調べてきた特別検察官捜査チームによる捜査期間が終了したことを受け、検察が6日、捜査を受け継ぐ特別捜査本部を再設置し、捜査を開始した。

 特別捜査本部の本部長は李永烈(イ・ヨンリョル)ソウル中央地検長が務める。捜査チームは特捜1部、刑事8部、先端犯罪捜査2部の3部署で編成され、それぞれの部の部長検事を含む31人で構成された。前回よりも規模はやや縮小したものの、状況によっては人員が追加されることもあるという。

 禹柄宇(ウ・ビョンウ)元青瓦台(大統領府)民政首席秘書官にからむ疑惑については、先端犯罪捜査2部が担当する。ただ検察は今月3日、特別検察官から10万ページ程度からなる捜査記録を引き継ぎ、現在、内容を検討しているため、結果によって業務の分担に変更があるという。

 特別捜査本部の主な捜査対象は朴大統領の収賄疑惑、禹氏による不正疑惑、大企業に関連する疑惑などになる見通しだ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。