Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮外務省 マレーシアの駐北朝鮮大使追放を決定

記事一覧 2017.03.06 21:00

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、外務省がマレーシアの駐北朝鮮大使の追放を決定したと報じた。

 同通信は、外務省が外交関係に関するウィーン条約に基づき追放を決定し、5日10時から48時間以内に出国するよう求めたと伝えた。

 北朝鮮外務省の決定は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件に関連し、マレーシア政府が北朝鮮の姜哲(カン・チョル)駐マレーシア大使に国外追放を通告したことに対抗する措置とみられる。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。