Go to Contents Go to Navigation

マレーシア追放の北朝鮮大使 北京到着

記事一覧 2017.03.07 08:50

【北京聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件に関連し、マレーシア政府から国外追放処分を受けた北朝鮮の姜哲(カン・チョル)駐マレーシア大使が7日未明、経由地の中国・北京に到着した。

クアラルンプール国際空港で取材陣に囲まれる姜大使=6日、クアラルンプール(聯合ニュース)

 姜氏は6日夕にマレーシアを出国し、航空機で北京に向かった。

 姜氏は北京空港で取材陣に対し言葉を発することなく、VIP出口から北朝鮮大使館の車両で同大使館に向かった。大使館に到着後も取材陣の前で記者会見などをせず、正門ではない別の門から館内に入った。

 姜氏がすぐに北朝鮮に戻るかは不明だ。金正男氏殺害事件の容疑者としてマレーシア警察に逮捕されたものの証拠不十分で釈放され国外退去処分となった北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏と共に北朝鮮に戻る可能性も指摘される。

 マレーシア政府は4日、捜査への協力を拒み、マレーシア警察への批判を繰り返した姜氏を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として追放すると発表。48時間以内の退去を求めていた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。