Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイルは「スカッド改良型」 韓国軍が発表

記事一覧 2017.03.07 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は7日の定例会見で、前日に北朝鮮が発射した弾道ミサイル4発は「スカッドの改良型だと判断した」と発表した。

短距離弾道ミサイルの「スカッド」の発射模様(資料写真)=(聯合ニュース)

 スカッドの改良型とは射程距離が1000キロの「スカッドER」を意味する。

 北朝鮮はこの日、在日米軍基地の打撃任務を遂行する部隊が6日に4発の弾道ミサイル発射訓練を行ったと伝えた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。