Go to Contents Go to Navigation

米迎撃システムTHAAD 韓国への配備開始=一部装備が到着

記事一覧 2017.03.07 14:24

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の軍当局が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を在韓米軍に配備するための作業に着手した。韓国国防部が7日、「THAADの装備の一部が韓国に到着した」と明らかにした。

6日夜、韓国に到着したTHAAD(在韓米軍司令部提供)=7日、ソウル(聯合ニュース)

 迎撃ミサイルを撃つ発射台2基と一部の装備が6日夜、輸送機を使って韓国に持ち込まれた。兵力や残りの装備も順次到着する予定だ。到着した発射台と装備は在韓米軍の基地に移されたという。

 THAADの配備は1~2カ月で完了するようだ。このため、早ければ4月から作戦運用に入れるとの見方も出ている。

 韓国軍当局は先月末、京畿道南楊州市の軍用地と交換する形で南部・慶尚北道星州郡のゴルフ場をロッテグループから譲り受け、現在、同地をTHAAD配備地として米軍に供与する手続きを進めている。

 敷地供与が完了する前に配備作業に入ったことについて韓米軍当局は、北朝鮮の核・ミサイル脅威が急速に高まっているためと説明している。

 北朝鮮は先月12日に新型の中長距離弾道ミサイル「北極星2」を発射したのに続き、今月6日午前、北西部の平安北道・東倉里付近から弾道ミサイル4発を同時に発射し、朝鮮半島の緊張を高めた。韓国軍はこの4発について、射程1000キロの「スカッドER」だったとしている。

 韓米軍当局がTHAADの配備作業を加速させていることから、配備に反対する中国の一層の反発が懸念される。軍当局は、配備の開始を中国に事前通知していないという。

 国防部の関係者は「在韓米軍のTHAADは北の核・ミサイルの脅威から韓国を守るためだけのもので、韓米は速やかな作戦運用に向け努力している」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。