Go to Contents Go to Navigation

マレーシア 北大使館全職員を出国禁止に=大使館閉鎖も検討か

記事一覧 2017.03.07 15:02

【クアラルンプール聯合ニュース】マレーシアの現地メディア「ザ・サン・デイリー」は7日、同国が北朝鮮大使館の全職員の出国を禁止したと報じた。これに先立ち、AP通信など主要メディアはマレーシアが国内にいる北朝鮮国籍者の出国の禁止を決めたと伝えたが、その後、出国禁止対象は北朝鮮大使館の職員に限定されると訂正した。

 マレーシアのザヒド副首相兼内相は「出国禁止は北朝鮮大使館の官吏と職員のみを対象に行われ、ほかの北朝鮮人は該当しない」と説明。今回の措置は北朝鮮の動きに対する対応だとし、10日に閣議を開いて関連する問題について議論する方針を明らかにした。

 これに関連し、マレーシア政府が閣議で北朝鮮大使館の閉鎖について検討すると伝えたメディアもある。

 今回の決定は、北朝鮮が自国内のマレーシア国民に対し北朝鮮からの出国を禁止すると発表したわずか数時間後に行われた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は「マレーシア国民の出国を一時的に許可しないことをマレーシア大使館に通知した」と報道。「(出国禁止の期限は)マレーシアで起こった事件が公正に解決され、マレーシアにいる朝鮮民主主義人民共和国の外交官と国民の安全担保が完全に成立する時まで」とした。

 マレーシア政府によると、現在マレーシア人11人が北朝鮮に滞在中だ。

 先月クアラルンプール国際空港で起こった北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件をきっかけに、両国の対立が深刻化している。

 マレーシア政府は北朝鮮による金正男氏の遺体引き渡し要求を拒否し、北朝鮮とのビザ免除協定を破棄した。また北朝鮮の姜哲(カン・チョル)駐マレーシア大使を国外追放にした。姜大使は6日、マレーシアを出国した。

 北朝鮮もこれに対抗し、駐北朝鮮マレーシア大使に対する追放処分を決めた。大使は金正男氏殺害事件と関連し、本国の召還を受けてすでに先月21日に平壌を発ち、マレ―シアに帰国している。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。