Go to Contents Go to Navigation

崔順実被告「特検法は違憲」 審査申し立て 

記事一覧 2017.03.07 17:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で国政介入疑惑が持たれている崔順実(チェ・スンシル)被告の弁護士は7日、崔被告が自身を捜査する根拠となった「特別検察官の任命などに関する法律」(特検法)の違憲審査実施をソウル中央地裁に申し立てたと明らかにした。同地裁は、崔被告のサムスングループからの収賄罪などを審理している。

公判に出席するため、ソウル中央地裁の法廷に向かう崔順実被告=7日、ソウル(聯合ニュース)

 地裁が崔被告の申し立てを受け入れれば、憲法裁判所に違憲審査を要請することになり、憲法裁の決定が出るまで裁判は中断される。

 崔被告の弁護士は違憲審査の申請書で、朴大統領の疑惑や崔被告の国政介入事件を捜査した特別検察官は野党が独占的に推薦権を持ち、特定の政党に特権を与えたものだったとし、「違憲性が非常に大きく、明白だ」と指摘した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。