Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の弾劾判断 宣告期日の指定は8日以降=韓国憲法裁

記事一覧 2017.03.07 18:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾の是非を判断する憲法裁判所は7日、弾劾審判の宣告期日を8日以降に公表する方針を示した。

憲法裁判所=(聯合ニュース)

 宣告期日をめぐっては、憲法裁が7日に公表するとの見方が強まっていた。しかし、同日行われた評議(裁判官の全体会議)で合意に至らなかったため宣告期日を指定できなかった。

 憲法裁は8日にも評議を開き、議論を続けるものとみられる。早ければ8日午後に宣告期日を指定し、当事者に通知する可能性が高いとの見方も出ている。

 憲法裁所長の権限代行を務めている李貞美(イ・ジョンミ)裁判官が退任する13日までに宣告が行われる見通しだが、期日の通知が1日遅れたことで13日以降にずれ込む可能性も出てきた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。