Go to Contents Go to Navigation

NAND型メモリー世界首位のサムスン 2位東芝の2倍シェア

記事一覧 2017.03.08 09:05

【ソウル聯合ニュース】半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジが8日発表した統計によると、韓国のサムスン電子が昨年10~12月期にNAND型フラッシュメモリーの世界市場でシェア37.1%を記録し、首位を維持した。2位の東芝(18.3%)に2倍以上の差をつけた。

サムスン電子のNAND型フラッシュメモリー(資料写真)=(聯合ニュースTV)

 サムスンの売上高は前四半期比19.5%増の44億7390万ドル(約5100億円)だった。出荷量の増加と平均販売価格の上昇により好調を維持した。 

 米国での原子力事業で巨額の損失を出し、半導体事業を分社化する2位の東芝の売上高は21億9980万ドルだった。2011年にシェアトップだった東芝から翌年に首位を奪ったサムスンは、東芝との差を徐々に広げ、今回初めてシェアで2倍の差をつけた。

 3位以下は米ウェスタンデジタル(WD、17.7%)、米マイクロン・テクノロジー(10.6%)、韓国のSKハイニックス(9.6%)と続いた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。