Go to Contents Go to Navigation

ロシア・カムチャツカの火山群で噴火 航空機運航に危険警報発令

記事一覧 2017.03.09 18:19

【モスクワ聯合ニュース】ロシアのカムチャツカ半島の火山群で複数の噴火があり、上空数千メートルまで噴煙が上がったことで、同地域の航空機の運航に危険が生じているもようだ。インタファクス通信が9日(現地時間)報じた。

 同通信によると、ロシア科学アカデミー極東支部の火山地震研究所はこの日、カムチャツカ半島東部にあるベズイミアニ山が噴火し、航空機の運航の危険性を示す警報が最高レベルの赤色に引き上げられたと発表した。また、ベズイミアニ山から近いクリュチェフスカヤ山でも同日、噴火があり、警報は赤から1レベル低いオレンジが発令された。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。