Go to Contents Go to Navigation

[韓国大統領罷免]朴氏代理人「正しい裁判ではない」

記事一覧 2017.03.10 13:31

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所が10日に朴槿恵(パク・クネ)氏の大統領罷免の決定を言い渡したことを受け、朴氏の代理人を務めるソ・ソクグ弁護士は記者団に対し、弁護団全体ではなく個人の見解だとした上で「正しい裁判とは考えていない」と述べ、遺憾を表明した。

罷免決定の宣告後に記者会見するソ・ソクグ弁護士=10日、ソウル(聯合ニュース)

 ソ氏は裁判官8人の全会一致で朴氏の罷免が決まったことについて、審理で申請した証拠が一斉に棄却された際にすでに憲法裁の結論が出ていたと推測されると主張した。

 ただ、憲法裁の判断を受け入れないかとの質問には、「他の代理人らと協議してから話す」と述べるにとどめた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。