Go to Contents Go to Navigation

[韓国大統領罷免]大統領選 5月9日投票が有力

記事一覧 2017.03.10 16:12

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所が10日、朴槿恵(パク・クネ)氏の大統領罷免を決定したことで、5月と見込まれる大統領選の投票日に関心が集まっている。

大統領選は5月9日の投票が有力視される=(聯合ニュースTV)

 憲法と公職選挙法によると、憲法裁が大統領の罷免の決定を下した翌日から60日以内に大統領選挙を実施することになっており、投票日は遅くともその50日前までに公示する。この規定に基づき、4月29日から5月9日までの間に大統領選を実施すべきというのが中央選挙管理委員会の有権解釈だ。

 投票日は5月9日が最も有力視されている。4月29~30日は土日に当たり、5月第1週は労働者の日(メーデー、1日)や釈迦誕生日(3日)、こどもの日(5日)があり飛び石連休となり、8日も連休明けの月曜日となるため、選挙日にふさわしくないとの見方が多い。韓国では通常、選挙は水曜日に実施されるが、大統領の空席などの理由で大統領選が前倒しされる場合は曜日に関する規定がない。

 5月9日に実施する場合、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相は遅くとも今月20日までには投票日を公示する必要がある。選挙に出馬する公職者は30日前の4月9日までに辞任しなければならない。候補者登録の申請期間は4月15日から16日までの2日間だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。