Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 正男氏事件封じ込めに躍起=携帯使用を取り締まり

記事一覧 2017.03.12 09:59

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮当局が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事実が住民に広がることを防ぐため、中朝国境地域の住民を対象に携帯電話の使用を取り締まっているようだ。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が12日、伝えた。

殺害された金正男氏=(聯合ニュース)

 RFAは北朝鮮の内部事情を取材する日本の報道通信社、アジアプレスを引用し、「北朝鮮当局は中朝国境地域の住民を対象にした講演で、携帯電話で海外と写真やメッセージのやり取りをする住民に対し、自首または通報するよう呼びかけた」と報じた。

 アジアプレス大阪事務所代表・石丸次郎氏は、北朝鮮当局が携帯電話の使用を取り締まるのは金正男氏殺害事件と関連があると分析。「事件と関連情報が北朝鮮内部に広がることは時間の問題。北朝鮮当局も神経をとがらせている。結局、両江道、咸鏡北道、平安北道など国境地域の統制を厳格に行うしかないが、うまくいってないような感じだった」と伝えた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。