Go to Contents Go to Navigation

「少女像を守れ」 釜山の若者が壁画でアピールへ

記事一覧 2017.03.12 09:49

【釜山聯合ニュース】釜山の有志でつくる団体「釜山青年キョレ(民族)運動平和の塀」は12日、日本総領事館前に設置された旧日本軍慰安婦被害者を象徴する少女像を守るため、壁画を描く計画だと伝えた。

少女像の移転反対を呼びかける釜山の若者たち=(聯合ニュース)

 日本政府だけでなく、韓国外交部が像の移転を管轄自治体などに求めるなか、慰安婦被害者を象徴するチョウや少女像をモチーフにした絵を描くことで、少女像の大切さを訴える方針だ。外国公館である日本総領事館の壁には触れられないため、出来る限り近くで絵を描くことが可能な壁を探すという。

 同団体はこれまで、釜山市内で慰安婦被害者をモチーフにした壁画を披露している。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。