Go to Contents Go to Navigation

朴氏罷免で在外国民投票の準備着手 各在外公館に指示=韓国

記事一覧 2017.03.13 09:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が罷免され、5月に大統領選が実施されることを受け、韓国外交部は海外各国の大使館・総領事館に在外国民選挙の準備に着手するよう指示した。同部関係者が13日、明らかにした。

2016年3月30日、東京の韓国文化院で実施された在外国民投票=(聯合ニュース)

 外交部は憲法裁判所が朴氏の罷免を宣告した10日、在外選挙管理委員会の設置準備を指示する公文書を在外公館に発送した。公職選挙法によると、各在外公館は選挙を実施する事由が発生してから10日以内に在外選挙管理委員会を設置しなければならない。

 公文書では政治的な中立性を徹底的に確保するよう指示したという。

 今月2日に改正された公職選挙法により、今回は大使館と総領事館が設置されていない地域で領事業務を担っている事務所でも在外選挙管理委員会を設置できるようになり、「代表部」がある台湾で初めて在外国民投票が可能になる見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。