Go to Contents Go to Navigation

無人攻撃機「グレイ・イーグル」 米軍が韓国配備に着手

記事一覧 2017.03.13 10:21

【ソウル聯合ニュース】米陸軍が韓国西部・全羅北道群山市の米空軍基地に最新型無人攻撃機「グレイ・イーグル」(MQ1C)を配備する手続きに入ったことが13日、韓国軍関係者の話で分かった。

グレイ・イーグル(資料写真)=(聯合ニュース)

 同基地に配備されるグレイ・イーグルの運用部隊は在韓米軍第2師団所属の第2航空旅団に配属される予定だ。韓国軍関係者は配備について、「米陸軍の各師団級部隊にグレイ・イーグル中隊を置くという方針に基づくもの」と説明している。

 グレイ・イーグルは全長8メートル、翼幅17メートルの中高度無人機。高画質の監視装備を備えており、最高時速280キロで最大30時間飛行できる。

 約8キロ先の敵の戦車を攻撃できる対戦車ミサイル4発、最新型の小型精密誘導爆弾4発を搭載できるため、北朝鮮側のターゲットを直接攻撃することも可能だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。