Go to Contents Go to Navigation

IOC調整委員会始まる 平昌冬季五輪の準備状況を点検

記事一覧 2017.03.13 11:30

【平昌聯合ニュース】2018年平昌冬季五輪・パラリンピックが開かれる韓国北東部の江原道・平昌で13日、国際オリンピック委員会(IOC)の第8回調整委員会が3日間の日程で始まった。平昌五輪組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長、IOCのリンドバーグ調整委員長ら大会調整委員11人をはじめ、大会競技の国際・国内連盟、組織委や開催都市の関係者が出席する。

昨年10月に平昌で開かれた第7回調整委員会本会議の様子(組織委員会提供)=(聯合ニュース)

 昨年10月に続き8回目となる今回は、大会施設の視察や本会議(14~15日)を行い、観客の輸送と宿泊、人員など大会運営全般の準備状況を点検する。また、チケット販売やメディア、マーケティング、パラリンピックなど分野別のワーキンググループ(作業部会)による会議を開き、細かい案件を協議する。15日午後には記者会見を予定している。

 一方、IOCは16~17日には最高の意思決定機関である執行委員会を平昌で開く。バッハ会長や執行委員ら14人が参加し、平昌大会や20年の東京五輪、22年の北京冬季五輪の準備状況などを確認する。バッハ氏は17日に記者会見を開く予定だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。