Go to Contents Go to Navigation

韓米「金正恩除去」訓練へ 合同演習に米特殊戦部隊参加

記事一覧 2017.03.13 15:37

【ソウル聯合ニュース】国際テロ組織アルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦に参加した精鋭部隊を含む米軍の特殊戦部隊が韓米両軍による野外機動訓練「フォールイーグル」と定例合同軍事演習「キー・リゾルブ」に過去最大規模で参加するようだ。

米空軍特殊戦部隊(米空軍HPより)=(聯合ニュース)

 陸海空軍と海兵隊の特殊作戦部隊だけでなく、これを統合指揮する特殊作戦軍の兵力も参加し、朝鮮半島に有事が発生した際に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をはじめとする北朝鮮指導部を除去する訓練も実施するとみられる。

 韓国政府筋は13日、「今年のキー・リゾルブとフォールイーグルは例年より規模が大きく、米軍の多様な特殊戦力が参加する。これら部隊は最近変化した朝鮮半島での任務に基づきさまざまな訓練を行うだろう」と明らかにした。

 「変化した朝鮮半島での任務」とは、核とミサイルの開発に執着する金委員長をはじめ、戦争を指揮する北朝鮮の指導部を有事の際に除去するなどの高難度の任務を指す。平壌への潜入や指導部の除去、戦争指揮施設の爆破などへと任務が拡大することになる。

 演習にはレンジャーやデルタフォース、デブグル(米海軍特殊精鋭部隊シールズ)、グリーンベレーなどが参加するとされる。このうち、シールズはウサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦に加わり、大統領が指示する特別任務を遂行するとして「ニンジャ・フォース」とも呼ばれる。

 これまでのフォールイーグルには、陸軍と空軍、海軍などの特殊部隊から約1000人が参加していた。今回は参加する部隊がさらに多様化し兵力も増え、過去最大規模になると、政府筋は伝えた。

 一方、韓国軍は金委員長の除去などの任務を遂行する約1000人規模の特殊任務旅団を12月1日付で創設するとされる。軍のある関係者は「韓米の特殊作戦部隊の合同訓練は特殊任務旅団が創設されるまで続くだろう」と述べた。同旅団が創設と同時に任務に就けるよう、韓米の特殊部隊の合同訓練を通じ準備していくという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。