Go to Contents Go to Navigation

小中高生1人当たりの私教育費 過去最高=韓国

記事一覧 2017.03.14 10:05

【世宗聯合ニュース】韓国の教育部と統計庁は14日、小中高生の塾通いなどの費用を調べた「2016年小中高私教育費調査」の結果を発表した。

昨年の小中高生1人当たりの私教育費は過去最高額を記録した(CGイメージ)=(聯合ニュースTV)

 調査は全国の小中高生の保護者4万3000人を対象に行われた。昨年の小中高生1人当たりの平均私教育費は月平均25万6000ウォン(約2万5600円)となり、前年より1万2000ウォン(4.8%)増加した。調査が始まった2007年以降、金額・増加幅ともに過去最高となった。

 小学生は24万1000ウォンで前年比4.5%増加し、高校生は26万2000ウォンと同10.9%増加した。一方、中学生(27万5000ウォン)は0.1%減少し、前年とほぼ同水準だった。

 教科別では英語と数学にかける私教育費が小幅減少し、国語と社会・科学にかける費用は増加した。芸術・スポーツでは、音楽と体育の私教育費がそれぞれ20.8%、19.3%と大幅に増加した。

 教育部の関係者は「芸術・スポーツにかける私教育費は、2007年以降増加傾向にある」とし、「所得と教育水準が上がり、価値観が変化したことで素質や適性を開発するための芸術・スポーツ教育の需要が増えている」と話す。

 また、少子化の影響で児童・生徒数は減少したものの、私教育費全体の規模は増加に転じた。

 昨年の私教育費の総額は約18兆1000億ウォンで、15年(17兆8000億ウォン)に比べ1.3%伸びた。私教育費の総額が増加したのは7年ぶり。一方、昨年の小中高生の数は前年に比べ3.4%減少した。

 昨年の私教育への参加率は67.8%で、前年比1.0ポイント下落した。小学生(80.0%)と中学生(63.8%)は前年より減少し、高校生(52.4%)は前年より増加した。

 教育部の関係者は「中学生の私教育費や私教育参加率が減少したのは、自由学期制(在学中の1学期間は中間・期末考査を行わず、体験学習を中心とする)の施行により主要教科の私教育への依存度が低下したため」と説明🅂した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。