Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相が「キー・リゾルブ」視察 韓米軍事演習の重要性強調

記事一覧 2017.03.14 15:30

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は14日、定例合同軍事演習「キー・リゾルブ」を実施している韓米連合司令部の指揮所を訪れ、将兵たちを激励し、合同演習の重要性を強調した。国防部が伝えた。

韓民求氏(中央、資料写真)=(聯合ニュース)

 報告を受けた韓長官は、韓米の合同軍事演習を通じて韓国の防衛力も一層強化されるとして、韓米両軍が共に危機を克服し朝鮮半島の平和と安定を維持するよう指示した。また、「深刻化する北の脅威に対し強力な力で備えることだけが挑発を抑止し韓国の自由と平和を守る道」と強調した。

 韓米両軍は13日から朝鮮半島有事に備えて指揮系統をシミュレーションする「キー・リゾルブ」を開始した。24日まで、北朝鮮の核・ミサイル施設を含む主要施設を攻撃するシナリオで演習が行われる。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」や「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」を活用した北朝鮮の弾道ミサイル迎撃演習も行われるとみられる。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。