Go to Contents Go to Navigation

マレーシア 不法滞在の北朝鮮労働者50人の追放を決定

記事一覧 2017.03.14 20:58

【クアラルンプール聯合ニュース】マレーシアが不法滞在の疑いで逮捕した北朝鮮からの労働者50人を国外追放することを決めた。

 現地メディアによると、マレーシアのザヒド副首相は14日、同国のサラワク州で働いていた北朝鮮労働者のうち、ビザ(査証)の有効期限が切れている50人を可能な限り早急に北朝鮮に送還すると明らかにした。

 有効なビザを所有している場合は、引き続き滞在することができるという。

 ザヒド副首相はまた、マレーシア国内に315人の北朝鮮住民が滞在していることを確認したとし、北朝鮮に抑留されているマレーシア人9人の帰国のための交渉も進めていると述べた。 

 またマレーシアに滞在する北朝鮮住民のうち、長期滞在が許されるビザの発給を受けた人は191人いるという。

 サラワク州の移民局と海上警察は8日、サラワク州の建設現場で働く北朝鮮労働者140人を移民法違反の疑いで逮捕した。現地メディアによると、逮捕された労働者の多くは訪問査証(ビザ)で入国し、有効な労働許可証(ワークパーミット)を持っていなかったという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。