Go to Contents Go to Navigation

朴氏罷免後最初の水曜集会 「韓日慰安婦合意の破棄を」

記事一覧 2017.03.15 14:55

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は15日、ソウルの日本大使館前で、慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」を開催した。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免後、同集会が開かれたのは初めて。

慰安婦合意の無効を訴える集会参加者=15日、ソウル(聯合ニュース)

 挺対協は「朴前大統領は弾劾を受け入れ、国民に謝罪しなければならない」と主張。その上で、2015年の慰安婦問題をめぐる韓日合意により被害者の尊厳性を回復する機会と賠償を受ける権利が剥奪されたことについても謝罪すべきだと求めた。

 また、「朴前大統領が強要した慰安婦合意は直ちに破棄されるべきであり、政府は被害者が真の解放のときを迎えることができるよう正義ある解決に乗り出すべきだ」と訴えた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。