Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領選 5月9日の実施確定=臨時休日に

記事一覧 2017.03.15 15:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免を受けて実施される次期韓国大統領選の日付が5月9日に決まった。選挙日の公告を行う行政自治部の洪允植(ホン・ユンシク)長官が15日、臨時閣議での決定後に発表した。

投票する有権者(資料写真)=(聯合ニュース)

 憲法と公職選挙法により、次期大統領選は大統領の罷免が宣告されてから60日以内の5月9日までに実施されなければならず、選挙日は50日前までに公告されなければならない。

 5月9日は臨時休日となる。

 大統領選の実施日は通常、水曜日だが、今回のような特別な場合については別途の規定がない。5月の第1週は連休が続き、選挙日としてはふさわしくないと判断したようだ。通常の選挙より準備期間が短いだけに、最大限時間を与えるとの判断も影響したとみられる。

 5月9日に選挙日が確定したことで、選挙日40日前の3月30日までに海外の不在者届け出と在外選挙人登録日程が完了する。

 立候補届け出は4月15、16日の2日間。

 4月25~30日に在外投票所で投票が行われ、5月4~5日は不在者投票が実施される。選挙日当日の投票は午前6時から午後8時まで。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。