Go to Contents Go to Navigation

経済分野の対中依存度 「中長期的に下げる」=韓国政府

記事一覧 2017.03.15 19:50

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が経済分野の対中依存度を中長期的に下げる方針を示した。

 同部の安総基(アン・チョンギ)第2次官は15日、国会外交統一委員会の全体会議に出席し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の報復措置への対応策について説明した。

国会外交統一委の全体会議で質問に答える安次官=15日、ソウル(聯合ニュース)

 安次官は、堂々と対応するという基調の下、THAAD配備が安全保障上の必要によるものだという立場を堅持するとした上で、「外交ルートを通じ中国側の措置の不当性を持続的に提起しながら早期解決を促していく」と述べた。

 続けて、「中国当局に書簡を送るとともに、韓国企業に対する支援などを通じ被害を最小限にとどめる。中長期的に対中依存度を下げていく」との方針も示した。

 また、中国内の韓国公館で中国人観光客のための個別ビザ申請を受け付けるなど、観光客減少に歯止めをかけるための対策を講じているほか、中国側の措置が世界貿易機関(WTO)と韓中自由貿易協定(FTA)の関連規定に抵触する可能性についても綿密に調べており、関係官庁との協議を通じ対策を設けると説明した。

韓国を訪れる中国人観光客の減少で、仁川国際空港の国際線出発ロビーの中国航空会社カウンターも閑散としている=15日、仁川(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。