Go to Contents Go to Navigation

金正男氏の遺体 マレーシア警察「遺族が取り扱いを一任」 

記事一覧 2017.03.16 14:39

【ジャカルタ聯合ニュース】マレーシア警察のノール・ラシド・イブラヒム副長官は16日の記者会見で、同国の空港で先月殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体について、「彼ら(遺族)が政府に(取り扱いを)任せたと理解している」と述べた。国営ベルナマ通信などマレーシアの地元メディアが報じた。

殺害された金正男氏(イメージ)=(聯合ニュース)

 マレーシアのザヒド副首相は15日、正男氏の遺体の身元確認に、同氏の子どもから提供を受けたDNAサンプルを使ったことを明らかにした。同国警察は10日、遺体の身元を北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である正男氏と確認したと発表したが、その手段は公表しなかった。

 これを踏まえると、副長官の発言は遺族がマレーシア警察と接触して遺体の身元確認に協力し、捜査上の必要から遺体の管理を当面一任したとの意味に解釈できる。

 マレーシアの保健当局は13日、正男氏の遺族に向け、2~3週間以内に遺体を引き取る意思を示すよう呼びかけた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。