Go to Contents Go to Navigation

アイスホッケー北朝鮮代表の訪韓 「国際慣例に従い検討」=韓国政府

記事一覧 2017.03.17 12:19

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は17日の定例会見で、江原道・江陵で来月開かれるアイスホッケー女子世界選手権に北朝鮮が参加の意思を表明したことと関連し、「(参加承認の可否は)国際大会である点を考慮し、これまでの国際慣例と規定、手続きに従って検討していく予定だ」と明らかにした。

北朝鮮女子アイスホッケーチーム=(聯合ニュース)

 来月初めに予定されている韓国サッカー女子代表チームの平壌遠征と北朝鮮の女子アイスホッケーチームの訪韓について、「どちらも国際大会」だとした上でこのような見解を示した。

 両大会が国際スポーツ大会である点から、ミサイル発射などの北朝鮮の挑発行為とは切り離して参加を承認する方針を固めたことを示唆するものだ。

 アイスホッケー女子世界選手権は、平昌五輪のテストイベントとして4月2日から8日まで開かれる。

 一方、サッカー女子韓国代表チームは平壌で開かれる2018年女子アジア・カップ予選に出場し、来月7日に北朝鮮で試合を行う予定だ。

 韓国と北朝鮮が互いの国を行き来して競技を行うことで事実上断絶した南北交流の糸口が見つかる可能性も提起されるが、統一部の当局者は「国際スポーツ大会の一環というだけで、南北交流とは無関係だ」と否定した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。