Go to Contents Go to Navigation

中国がTHAAD上回るレーダーを配備 韓国国防相認める

記事一覧 2017.03.17 16:29

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は17日、中国が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」よりも強力なレーダーを配備し、韓国だけでなく日本までも探知していることを事実上、認めた。

国会で答弁する韓民求氏=17日、ソウル(聯合ニュース)

 この日の国会質疑で、韓氏は中国がTHAADより強力なレーダーを配備しているとするマスコミ報道について尋ねられ、「それを事実と評価している」と答えた。

 また、中国がTHAADの在韓米軍配備に強く反対し、韓国に報復とみられる措置を取っている理由を問われると、「中国はTHAADの持つ兵器システムとしての戦略的価値を実際よりも高く見積もっており、それによる含意を高く評価しているためと考えている」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。