Go to Contents Go to Navigation

北のミサイルエンジン 韓国国防部「性能に意味ある進展」

記事一覧 2017.03.20 11:14

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は20日の定例会見で、北朝鮮が前日公開した新型の高出力ミサイルエンジンの燃焼実験と関連し、「エンジン性能に意味のある進展があると評価される」と述べた。また、北朝鮮が公開したエンジンはメインエンジン1個と補助エンジン4個を組み合わせたもので、新型エンジンを開発しようとしているとの見方を示した。正確なエンジンの推力や今後の活用の可能性については、さらなる分析が必要だと伝えた。

エンジン燃焼実験が行われた北朝鮮・東倉里の西海衛星発射場=(聯合ニュースTV)

 北朝鮮メディアは19日、北西部・東倉里の西海衛星発射場(ミサイル基地)で燃焼実験を行い、「成功した」と報じた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。