Go to Contents Go to Navigation

崔被告が実質支配した2財団 設立許可取り消し=韓国政府

記事一覧 2017.03.20 16:47

【世宗聯合ニュース】韓国文化体育観光部は20日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告が実質支配した文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団」の設立許可を職権で取り消した。

朴前大統領と崔被告=(聯合ニュース)

 同部は「両財団の違法な設立と運営による公益侵害の状態を正し、正当な法秩序を回復するため設立許可を取り消す必要があると判断した」と説明した。規定に基づき清算手続きも進める予定だ。

  朴氏と崔被告に絡む疑惑を捜査した特別検察官チームの捜査結果によると、両財団は大企業53社から総額774億ウォン(約77億円)に上る資金を違法に集めた。資金集めの過程に朴氏と崔被告が深く介入していたことも明らかになった。

 両財団の財産は清算後、管理され、違法な募金で集まった資金については裁判所の判断に従い国庫に入れられるか出資者に返還される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。