Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相が韓米軍事演習を視察 「国家安保に妥協ない」

記事一覧 2017.03.20 17:22

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は20日、韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」を視察し、国家安全保障に対して譲歩と妥協はないと力説した。

陸軍第2作戦司令部を訪問した韓民求長官(前列右から2人目、国防部提供)=(聯合ニュース)

 国防部は「韓民求長官がキー・リゾルブの2部演習が行われている陸軍第2作戦司令部を訪問した」と明らかにした。

 今月13日から始まったキー・リゾルブは、防衛中心の1部を終え、攻撃中心の2部に入った。演習は24日まで行われる。

 韓長官は訓練状況について報告を受け、「国家の安全と国民の生死が左右されることに譲歩や妥協はあり得ない」と強調した。

 このような発言について、朝鮮半島の緊張緩和のために韓米合同軍事演習を中断するべきだとの中国の要求を意識したのではないかとの解釈も出ている。

 韓長官は将兵らに向け「北朝鮮のさまざまな挑発に備え、隙のない民・官・軍統合防衛態勢を確立することにより、国民の安全を守り、勝利を保障できるよう最善を尽くしてもらいたい」と呼びかけた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。