Go to Contents Go to Navigation

今年の広告市場 モバイルがシェア首位の予想=韓国

記事一覧 2017.03.21 11:31

【ソウル聯合ニュース】スマートフォンなどモバイルデバイスの利用者の急増に伴い、韓国の広告市場でモバイル広告が増え続けている。今年の売上高はインターネット広告やテレビ広告を抑えトップに立つと見込まれていることが21日、分かった。

モバイル広告(イメージ)=(聯合ニュースTV)

 韓国放送広告振興公社は最近発表した報告書で、今年の広告市場の売上高は11兆4957億ウォン(約1兆1600億円)で、2016年に比べ1.8%成長すると予想した。

 このうち、モバイル広告の売上高は昨年の1兆8042億ウォンから今年2兆460億ウォンに増加する見通しだ。昨年は広告全体の16.0%を占めたが、今年は17.8%で首位となる。

 昨年1兆9459億ウォンと売上高が最も大きかった番組供給事業者(PP)広告は、今年1兆9282億ウォンに減少し、シェアも16.8%に低下する。

 ネット広告は1兆9433億ウォンから1兆9567億ウォンに小幅増加するものの、シェアは17.0%に低下する。地上波のテレビ広告も今年1兆6664億ウォンの小幅増となるが、シェアは14.5%に下がる。

 新聞広告は今年1兆5088億ウォン、13.1%で、売上高、シェアとも低下する見通しだ。

 報告書は、ネット広告とモバイル広告が地上波放送とは異なり規制されていないことを成長の要因に挙げた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。