Go to Contents Go to Navigation

韓国製薬会社の滋養薬 日本で特許取得=男性不妊治療の効果

記事一覧 2017.03.21 14:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の広東製薬は21日、自社の滋養薬「開豊 瓊玉膏(けいぎょくこう)」が男性不妊の予防・治療効果を認められ、日本で特許を取得したと発表した。同社は1981年からこの薬を日本で販売している。

「開豊 瓊玉膏」(広東製薬提供)=(聯合ニュース)

 特許は同社が2011年末から1年間、韓国の大学教授チームと共同で瓊玉膏と男性不妊の関連性を分析した研究の結果に対するもの。同薬を投与したマウスに精子の運動性改善、精子の増加などが確認されたという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。