Go to Contents Go to Navigation

朴前大統領の聴取 夕食後に再開へ=深夜まで継続か

記事一覧 2017.03.21 18:46

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所の罷免決定により失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領への聴取を行っている検察は21日午後5時35分ごろ、夕食のため聴取を中断した。朴前大統領は青瓦台(大統領府)警護室が用意したかゆを食べる予定と伝えられた。聴取は夕食後に再開され、深夜まで及ぶと予想される。

検察に出頭した朴氏=21日、ソウル(写真共同取材団=聯合ニュース)

 午前9時半過ぎから約2時間半にわたる聴取を行った検察は、昼食のため1時間5分の休憩をはさみ、午後1時10分から聴取を再開。これまで聴取は計7時間近くに及んだ。

 検察関係者は「特別なことはなく調べが進んでいる」と話した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。