Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「慰安婦合意は履行すべき」 駐日大使の発言受け

記事一覧 2017.03.21 20:14

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題をめぐる2015年末の韓日合意について李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使が、韓国の次期大統領に誰がなっても合意を守るべきなどと発言したことに関連し、韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は21日の定例会見で、「韓日合意は両国間の合意として尊重され、履行されなければならないというのが政府の立場」との認識を示した。

李俊揆駐日大使(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「釜山の(日本総領事館前に設置された)少女像に関してはすでに政府が立場を表明した。そのような脈絡で(大使が)インタビューに答えたものと承知している」と述べた。

 李大使は19日付の東京新聞とのインタビューで「誰が(韓国の次期)大統領になり、どんな政権が発足しても、合意を確実に守ることが正しい選択だ」との認識を示した。また、昨年末に釜山に少女像が設置されたことで韓日関係が難しくなったとした上で、「非常に遺憾に思う」と話した。 

 趙報道官は李大使へのインタビューが大使の判断で行われたのか、外交部が共に決めたのかについては、「このような主要な事案については外交部の立場を熟知した状況下でインタビューに応じたものと理解している」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。