Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部 SOFA業務担当組織を格上げ

記事一覧 2017.03.22 13:49

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備、在韓米軍基地移転など韓米の軍・外交当局間の議題急増を受け、在韓米軍地位協定(SOFA)に関する業務を担当する組織を格上げしたことが22日、分かった。

外交部=(聯合ニュース)

 同部は先ごろ、北米局の「SOFA運営チーム」を「韓米地位協定課」に格上げした。

 同部関係者は「在韓米軍基地移転などSOFA関連の業務が次第に増えている状況に合わせ、業務をより体系的に管理するための措置」と説明した。

 また、国際金融環境の変化に前もって対応するため財政経済金融分野の駐在官2人を増員した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。