Go to Contents Go to Navigation

サッカーW杯予選の韓中戦あす中国で 公安1万人が警戒

記事一覧 2017.03.22 15:22

【長沙聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備をめぐり中国で反韓ムードが広がっている中、23日に中国で行われるサッカーの韓中戦には公安要員1万人が配置される見通しだ。

昨年9月にソウルで行われたW杯アジア最終予選の韓中戦を観戦する中国人の観客=(聯合ニュース)

 大韓サッカー協会は22日、湖南省長沙市で23日午後に行われる2018年ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6戦について、「スタジアムは4万席規模だが、中国が安全のため約8割の3万1000人のみ入場させることにした」と伝えた。チケットは完売したという。

 中国は公安要員1万人を配置し、万一の事態に備える。また、韓国からの応援団のため250席を別に用意し、公安が周囲で警戒に立つ予定だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。