Go to Contents Go to Navigation

朴槿恵前大統領の財産3.7億円 在任4年間は毎年増加

記事一覧 2017.03.23 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府公職者倫理委員会が23日公表した高官の財産に関する定期申告資料によると、昨年12月末現在の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の財産は不動産や預金などを合わせ37億3820万ウォン(約3億7000万円)で、前年に比べ2億1896万ウォン増加した。大統領就任(2013年2月)後、毎年2億~3億ウォンずつ増加し、在任中の約4年間で11億7900万ウォン増えた。

22日午前、収賄容疑などで検察の事情聴取を受け、帰宅する朴槿恵氏=(聯合ニュース)

 朴氏は今月10日、憲法裁判所の罷免決定により失職したが、資料は昨年12月31日を基準に作成されたため、申告対象に含まれた。

 朴氏は任期満了で退任していれば月当たり約1200万ウォン程度の年金を受給する見込みだったが、罷免されたことでこの待遇は受けられなくなった。代わりに国民年金を受給するとみられる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。