Go to Contents Go to Navigation

朴槿恵氏の逮捕状請求を積極検討 来週初め判断か=韓国検察

記事一覧 2017.03.23 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国検察は、収賄や職権乱用の容疑が持たれている朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を請求する方向に重点を置き、最終検討を進めているようだ。

22日、検察の事情聴取を終えて帰宅する朴槿恵氏=(聯合ニュース)

 検察によると、朴氏とその親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が絡む一連の疑惑を調べる特別捜査本部は前日に続き23日も、朴氏の供述内容を記した調書を綿密に検討している。朴氏は21日の事情聴取で、サムスングループからの収賄、崔被告が実質支配した文化、スポーツ関連の2財団に対する大企業への資金拠出強要、崔被告の利益追求の支援など、主な容疑を全面否認した。

 特別捜査本部は、遅くとも今週末までに裏付け捜査や法律に関する検討を終え、捜査結果などを金秀南(キム・スナム)検事総長に報告する方針とされる。検察周辺では、金氏が内部協議を経て、来週初めには朴氏の逮捕状請求をめぐる方針を決めるとの見方が出ている。

 捜査関係者や検察上層部の間では、法と原則に基づき逮捕状を請求せざるを得ないとの意見が優勢になっているようだ。特に、朴氏の容疑は法定刑が懲役10年以上となっている特定犯罪加重処罰法上の収賄などを含め13件に上り、有罪認定されれば重刑を免れないことが請求の理由として挙がっている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。